トヨタヴォクシーの中古車は石川で人気

トヨタのヴォクシーは同じトヨタのノアやエスクァイアと兄弟車、姉妹車となっています。外装や販売店を変えて同じシャシーの車を販売してるということはこのセグメントのミニバンが人気がある証でもありますね。

ライバル車はこのミニバンの流行りの元でもあるホンダのステップワゴンや、新型が出て今憂いている日産のセレナとなります。

このミニバン試乗は5ナンバーから3ナンバー、そしてグレードも多様で価格帯も幅広く、車のサイズや機能、そして価格帯などいろんな需要を満たす車種として各メーカーの主力製品となっています。

トヨタの場合はこのヴォクシーが一番人気でCMにも力が入っていますね。

石川でも全国と同様にミニバンの需要が高く、新車ではちょっと買えないけど中古でグレードの高いタイプを買ってもいいかな、という需要が結構あります。

グレードや価格帯が幅広いためさまざまな購買層を取り込んでいるのがこのミニバンセグメントの特徴ですが、買取価格も絶対比較で評価するよりも購入価格からいくら値落ちしているかなど相対比較で評価することが重要です。

中古車市場では2007年から2014年に製造販売された2代目が多く流通しています。現行車の3代目も2014年から販売されているため、1回目の車検を迎えた車がすでに中古市場には流れてきています。

高価買取を実現するとなるとどうしても3代目となってしまいますが、煌きなどの特別仕様車は高価買取も可能となっている状況です。

衝突回避等の安全システムは2016年モデルから導入されているため、3代目でも初期モデルと現行車では装備の違いもあります。

そのあたりが中古車市場でどう捉えられるかというのは各買取店の判断にもよるため実際に査定を行わないとわからない部分もあります。

トヨタは安全装備のオプション化、標準装備化は他メーカーから遅れている印象があるため、現行車であってもイヤーモデルで使用が異なることもあります。

安全装備が装着されている車が中古市場に出てしまう前に初期モデルや先代モデルを売ってしまうのも高価買取のコツと言えそうですね。

でもそろそろ石川でもヴォクシーの買取価格が下がってくるかもしれません。

ヴォクシーの買取相場が下がり気味?

新車を買っての乗り換える人って1回目の車検を迎える際にどうするか、または5年の残価設定型で6年目をどうするかですね。

ヴォクシーに安全装備が付くようになったのは2016年ごろから。もうすぐ1回目の車検を迎えます。

また現行ヴォクシーのデビューは2014年なので、そろそろ5年経過する車も増えてきます。

そうなると中古車市場に乗り換えのためのヴォクシーがよく出てくるようになるわけですね。

車に限らずなんでも中古市場に物が溢れてくるとそれ自体の販売価格が落ちてきます。そうすると必然的に買取価格も下がります。

つまり、ヴォクシーも中古市場に在庫が多くなってくると買取価格が下がってきますから、近い将来その状況が起こりそうとうところですね。

今なら現行モデルは高価買取が実現できますから、もしヴォクシーからの乗り換えを検討している場合はチャンスです。

実際に売るか売らないかは別としても今ならいくらで売れるのかを確認しておくのもいいかもしれませんね。

あなたのヴォクシーを高く買ってくれる中古車買取業者を今のうちに探しておくのもいいと思います。

石川でどうやってヴォクシーを高く買ってくれるところを探すか

ヴォクシーはネッツ系列の販売店で販売されていますから、もし次に乗る車が同じネッツ系で購入するのであれば下取りも検討するに値します。

下取り価格は中古車買取店よりも買取価格が下がる傾向にありますが、意外と同じ系列の販売店の場合はそのまま下取り車として直販したり、または海外などへの販路もあったりしますので、買取店よりも高価買取が実現できる事もあります。

また次の車を買うところでしたどってもらえば売買の手続きも同じ営業さんにお願いできるし、支払額も購入価格から下取り価格を差し引いたもので済みます。

またドライブレコーダーやETC、カーナビなども次の車に移植したい場合、同じ店舗なら工賃無料で対応してくれることも多いです。

下取り価格がある程度納得できる価格であれば、下取りも選択肢として当然検討すべきです。

そのためにもまずは中古車買取業者でいくらで買い取ってもらえるかを調べる必要があります。その差額が10万円以上あるようであれば下取り辞めて買取店で買い取ってもらったほうがコストメリットがあります。

石川県にはたくさんの車買取業者がありますが、カーセンサーなどインターネットから無料で利用できる一括査定サービスを利用すれば、いちいち買取店を探したり連絡して査定士てもらわなくても1回の申込で複数の買取店から買取相場を連絡してもらえます。

メールで連絡してと書いておけば電話はかかってきませんから、メールでいくつかの業者から連絡をもらい、すでに出ている下取り価格との比較を行います。下取り価格の方がメリットがあればどの業者へも連絡せずにそのまま下取りで進めたらOKですね。

買取のほうがコストメリットがあれば、連絡をくれた業者の中から高い値段を付けてくれている上位2社にコンタクトを取って、実際にあなたのヴォクシーを見てもらって買取査定してもらいます。

正式に買取価格がでて下取り額よりもメリットがあり、一番高い価格を出してくれたところへ売れば高価買取実現です!

ポイントとしては、
・まず下取り価格をだしてもらう
・買取価格の相場を調べる
・実際の買取価格を出してもらう
ということですね。

車ってそんなにしょっちゅう売ったり買ったりしないので、手続きやらでなんとなく面倒に感じて安易に下取りに出す人が多いのですが、買取専門店での買取価格がいくらかをしっかり調べた上で下取りにするかどうかを決めるのが高価買取のポイントとなります。

こちらのコラムも人気です!