中古車の売り方を知ろう

石川県に住んでいて今乗っている車を売りたいなと思ったらその方法を知っておくといざという時に慌てずにすみます。

まず車を売る時は売買契約を交わします。あなたが売る側で、買取業者側が買う側ですね。下取りの場合は購入時の申込時に見積もりに下取り金額が記載されているので、特に売却するための契約を結ぶことはないのですが、買取専門店へ売却する時は車の状態と買取金額がとても大切になりますから、査定時の情報が契約書に反映されるようにします。

これは買い取る側も売る側も双方トラブルにならないようにしっかりと確認しておきます。

よくあるトラブルとしては査定時に算出された買取金額が、車引き渡し後に問題があって減額査定となる場合です。

これは売る側にとってはすっごく困りますよね。150万円で買うからと言われて売る契約をしたのに、引き渡し後に事故車と判明したから100万円での買い取りになるなんて事があります。

実は意外と多いんです。こういうのって。

中古車の買い取り専門業者がJADRI(日本自動車流通研究所)に加盟していれば、査定の再査定やキャンセルがありません。

明らかに売る側の過失があれば別ですが、そうでなければ最初に査定をして決定した価格でちゃんと買取が行われますから、JADRIに加盟しているかどうかも大切な確認ポイントです。

車の買取価格は、買取業者がJADRIに加盟しているかどうか確認する。メールや電話ではなく、対面で実際の車を見てもらって査定してもらう。その場で買取価格を出してもらう。OKならその場で売買契約を結ぶ。

これでお互いにトラブルから実を守ることができます。

売る際には必要書類がありますが特別用意しなければいけないものは売却金額の振込先となる銀行口座と印鑑登録証明書です。

印鑑登録証明書は役所で印鑑登録をすると取得することができます。車を購入する際にも必要なので今乗っている車を購入する際に印鑑登録証明書は取得しているはずです。

ただその後引っ越し等で住所が変わってしまえば再登録する必要があるので、事前に登録されているか確認しておきましょう。

後の書類は買取店側で準備してくれるのと、車検証など車に積んであるものだけなので特にきにしなくても大丈夫です。

あと気にするポイントとしてはいつ車を引き渡すか、ですね。それから車の引き渡し後いつ入金があるか、です。

もし売った車を次に乗る車の購入資金としたり、別の用途に使う予定がある場合はいつお金が手に入るかというのも重要事項ですよね。

車は売買契約を結んでからだいたい1週間以内に引渡しになります。買取店へ持ち込んだり、取りに来てもらったりと、店舗によって引き渡し方法がいくつかあるので、こちらも事前に確認しておきましょう。

売却金額も車の引き渡しから数日後には指定の銀行口座に振り込まれます。これもいつになるか確認しておきましょう。普通の業者であれば引き渡し後の2営業日から3営業日に振り込まれます。意外と早いですよね。

車を引き渡す前には必ず荷物を全部出すようにしましょう。車検証などの公的書類以外の個人情報がわかるようなものは特に残らないように気をつけてください。

ほとんどの中古車買取業者は買い取ったままの状態で販売してしまいます。なので、細かいところまで前オーナーの物が残っているかどうかなどはあまり確認しません。

ですから売る側ももちろん気をつけないとダメですし、そうした中古車買取店のお店から車を買うときも基本的には前オーナーが売った時の状態のままという理解が必要かもしれませんね。

こちらのコラムも人気です!