修理歴のある車の買取査定はどうなる?

石川県に限らず車の買取査定で修理歴があるものは査定額がどの程度減額されるのでしょうか。

実際に修理歴があって修理済みのもの。軽微な損傷でそのまま修理せずに査定を受けた場合など、気になるポイントをチェックしてみました。

買取査定のポイントは事故車かどうか、というところがポイントとなります。車の骨格に大きな歪みなどがでるような大きな事故の場合は事故車として扱われ、クルマ本来の機能が低下している可能性があることから、査定額も大幅に減額されます。

また、ボンネットやドアなど事故等で交換していたとしてもこちらは事故車とはなりません。また軽微な凹みなどの板金なども事故車とはなりません。

そのためその修繕に撚る査定額の減額はそれほど大きな額にはならないんですね。

実際の減額幅はケースバイケースなのでなんとも言えませんが、基本的には修理代よりかはげ査定額の減額のほうが額が小さくなります。

例えばボディに擦り傷と凹みが合って、その修理代に6万円かかったとしましょう。まあよくある話ですね。

で、そのまま買取査定に出すと当然減額されてしまうわけですが、その額は2万円とか3万円とかそのレベルになります。

つまり、軽微な損傷がある車を買取査定に出す場合、修理に出さずにそのまま買取査定に出すほうが金額的にはお得になります。

またボディではなくバンパーなどの傷の場合は安く修繕できるため、同じメーカーのディーラーなどで乗り換えで下取りに出す場合は減額すらされないケースもあります。

逆に営業の人から「この程度ならそのままでも下取り額に影響しないので、修理しないでくださいね。修理代がもったいないので」なんて言われたりもします。

最近の修理技術は進んでいるので、軽微な傷の場合は修理せずにそのまま買取査定に出したほうが良い、ということになりますね。

つまり減額はされますが修理代金よりも減額の金額のほうが小さい、ということになります。

具体的に言うと、買取額が50万円の車を売ろうとしたとします。

ドアにちょっと凹みが合って、この修理代に5万円かかるとします。直してから買取査定に出したほうが良いんだろうなあ、と思って直して買取査定に出して、無事満額の50万円で買い取ってもらえたとします。

でも修理代に5万円使っているので、実際には45万円が手元に残ります。

では修理せずに査定に出した場合、実際その凹みでは査定の減額が2万円だったとします。すると50万円から2万円引いて48万円が査定額となり、そのまま手元に残ります。

結果は修理しないほうがお得だったってことになりますね。

修理歴は申告しましょう

車の査定士は事故歴、修理歴が申告されていなくても車を見るとどこを直したかなどはしっかりと見抜く技術を持っています。

一般的に修理の見落としは2%以下と言われているくらい、ちょっとした違和感も見抜いてしまうんですね。

売る側としてはどうしても高く買ってほしく査定額の減額をしてほしくないから修理有りの申告をあえてしないケースもあります。

でも査定士はほとんど見抜いてしまうので、だまっているのもあまり意味がありません。また、申告しても査定額の減額にならないケースも多くあります。

まれにある話では、修理歴がある車を査定しにきた人が修理有りの申告をしなかったのですが、査定士は買取査定の場では修理歴を見抜いていながら指摘せずそのまま買取契約を締結しました。

契約締結後の後日、修理歴があったことが発覚、売る側は申告義務があるのに申告しなかったことから申告義務違反となり、買取額を大幅に減額された、ということです。

事故車でなければ修理歴の有無はそれほど大きく査定額に影響しないので、買取査定時は知りうる範囲でしっかりと修理歴を申告しておきましょう。

こちらのコラムも人気です!