石川でもヨーロッパでも売れてるスイフト

スイフトはスズキのベストセラーコンパクトカーとして有名で、ヨーロッパ市場での販売を視野に入れて開発されていたため、ヨーロッパでも人気ですね。

デビューは2000年で現行モデルは4代目となり2016年デビューです。約6年ずつでモデルチェンジしています。

現行車は2016年デビューのためまだまだ中古車市場では数が少なく高値で買い取りされていますし、前期モデルの3代目も高年式車であればまだまだ高価買取ができています。

スイフトはコンパクトファミリーカーとしても人気ですが、スイフト・スポーツ(略してスイスポ)も人気の車種ですよね。

ノーマルグレードは家族のセカンドカーとして利用されていたり、車をちょっといじるのが好きな人がスイフト・スポーツに乗っていたりなど、石川でも結構走っているのを見ます。

軽自動車が多いスズキ車の中でも普通車としては販売台数がトップクラスの車種ですから、中古車市場でも人気ですね。新車販売価格もそんなに高額ではないため、中古車価格も落ち着いているところが人気のようです。

現行車では安全装備も充実しているため、スイフトに限らずですが2016年くらいから国産車でもカメラや赤外線レーダーなどが搭載されているコンパクトカーも増えてきました。

これら安全装備者が中古車市場にはまだまだ少ないので先代スイフトもまだ高価買取が期待できますが、中古車市場全体に衝突回避等の安全装備車が増えてくると、装備がない車種の販売価格つらてて買取価格も下がりそうです。

そういう意味では現在スイフトに乗っていて売却を検討しているなら早めに現在の買取価格相場をチェックしておいたほうが良さそうです。

新型スイフトもまだまだ中古車市場には少ない状態ですが、これが1回目の車検あたりで増えてきますから、そのタイミングで旧モデルの買取価格がガクッと落ちていきますからね。

スイフトの買取価格が今後下がっていく?

石川県では人気のスイフトも今後の市場環境によっては買取価格が下がっていくことが予想されます。

ただ原則としては中古車の買取価格は「売却が早ければ早いほど高い」ので、今乗っているスイフトは時間が経過すればするほど買取価格や安くなっていきます。

一部のプレミアムカーは時間がたっても価格が落ちない、または価格が上がっていくような資産価値がありますが、一般大衆車は日本の固定資産の扱いと同じで乗ってから価値がどんどん下がっていきます。

スイフトも新型はまだまだ高価買取が続きそうですが、先代モデルはそろそろ価格が落ちそうです。というのも新型モデルの現行車がそろそろ1回目の車検を迎えるからです。

新車を買い替えて乗る人は保証やメンテナンスが全て込み込みで3年間は追加費用無しで乗れるのが魅力で新車に乗っている人も多いです。また残価設定型ローンで新車購入している人もいます。

いずれも1回目の車検で新しい車に乗り換える可能性が高くそうなると現行モデルが中古車として試乗に増えてきますから、旧モデルの販売価格も下がります。すると買取価格も下がっていきます。

それではスイフトの高価買取を実現するためにはどうしたら良いのでしょうか?

石川でスズキのスイフトを高価買取

スイフトの高価買取を実現するにはまずどうやって売るのかを考えます。売る方法は大まかに2通りあり、買取専門業者へ買い取ってもらう、もしくは次に乗る車を購入する店舗で下取りしてもらう方法です。

もし単純に売ってしまうなら買取専門業者に買い取ってもらう方法の一択です。

次の車がスズキであれば下取りも高価買取のための選択として有効です。同じメーカーのディーラーで下取りすると、ディーラーではメーカーの認定中古車やディーラーの下取り車として直販することができるため、下取り価格も高くなる傾向があります。

もし他メーカーの車に乗り換える場合は下取りしても基本はオークションに出品されてしまいますから価格も安くなってしまいます。

どちらの場合も買取専門業者で買い取ってもらった場合との価格比較をしていきましょう。下取りであろうが他店への売却であろうがディーラー側は新しい車を買ってもらえるのでどちらでもいいです、というスタンスです。

ですから下取りの見積もりは決定価格がすぐでてきます。その価格を元に買取業者との比較を行います。

ただ石川県では買取業者がたくさんあるので闇雲に探すよりもあらかじめ高価買取してくれるところと交渉したほうがいいですよね。

そのために無料で利用可能なネットの一括査定サービスを利用します。カーセンサーなどのサービスですね。

カーセンサーのサイトでスイフトの年式やグレード、走行距離を入力してコメントに「メールで連絡してください」と書いておきます。

そうすると電話はかかってこず、買取価格の相場が各業者からメールで連絡してもらえます。

その中かから買取相場が高値の上位2社くらいをピックアップして下取り価格と比較します。

この時点で下取り価格が安く買取価格が10万円以上高ければ下取りのほうが損をしてしまうので買取業者に買取を依頼しましょう。

逆に下取り価格が高ければ確実に下取りのほうがおトクなので下取りで決定ですね。

買取業者が高い場合はあなたのスイフトを実際に見てもらって買取査定をしてもらいます。上位2社でOKです。

たいていは連絡をもらった買取相場よりも若干安く買取価格の見積もりが出ます。その決定価格と下取り価格の差がいくらかでどちらを選ぶか考えてみてください。

数万円程度の差なら下取りのほうが楽ちんかな、とも思います。下取りであれば次の車の納車まで今のスイフトに乗っていられますが、買い取りの場合はすぐに売らなければいけないため新しい車の納車までの間車がない状態となります。(代車を無料で借りられる場合もあります)

また今のスイフトからナビやドライブレコーダーなどを新しい車に載せ替える場合は工賃がただになったりもしますので、こうした下取りならではのメリットと買取価格差を天秤にかけてあなたの価値観でどちらがいいかを判断してください。

どちらにしろ買取価格を実際に調べてこそ高価買取が実現するわけですから、まずはネットの一括査定サービスを上手に利用してくださいね。

こちらのコラムも人気です!