売る車の装備ってどうなるのか

車の買取査定してもらう際、車についている装備品がります。例えばカーナビやドライブレコーダーは多くの車についていると思います。

実際これらのパーツが付いていたら買取査定額は上がるのでしょうか・・・・。

まず結論ですが「査定額は上がりません」。

というのも車の査定項目には社外品のパーツが有る/無しは含まれていないので、実際の査定額には影響がないんです。

ただしこれらのパーツが有っても無くても査定額が変わらないということで、実際の買取額には影響が出る場合もあります。

例えば査定額が100万円の車だったとしましょう。でも売りたい私達は「もうちょっと上がりませんか?」となりますよね。

そうした場合、こうした装備品があれば買取額を査定額にちょっと上乗せしてくれる買取業者もあります。

つまり最終買取額の交渉の範囲で査定額に上乗せしてくれるネタとして、こうした社外品の装備が有る無しで決まることもあります。

中古車買取業者の立場で考えた場合、直接お客さんに売るのであればこうした社外品がすでに装備されていれば、何もない車よりもちょっとした「ウリ」になりますよね。ですから、無いよりもあったほうがいいのは当然です。

でもそれがあると無いとで車の価値が変わるわけではないので、あってもなくてもいいですが、もしいらないものであればそのまま取り付けた状態で査定を受けてください。

もしほかへ移植したい、新しい車に載せ替えたいなどあれば、事前にそれは買取業者へ査定時に伝えておきましょう。

また、買取査定終了後売買契約を結んでから取り付けパーツを外すのは基本はNGです。車の状態が変わることになるので、最悪の場合大幅な買取額の減額がされることもありえます。

査定後に取り外したくなったら必ず買取業者へ取り外しがOKかどうかを確認するようにしてください。

あと外装で社外パーツを使っている場合ですが、もし純正が残っていれば純正を渡すようにしてください。

よくパーツ交換されるものとしてはアルミホイール、マフラー、エアロパーツですね。これらがついていればプラス査定される場合もあるし、マイナス査定される場合もあります。

これはたいていは車種によります。スポーツカーであればマフラーなどが変わっている方が売れるという判断がされればノーマルよりも変わっている方が最終買取価格が高くなる場合もあります。

逆にスポーツカーでもノーマルを探しているお客さんを持っている業者であればノーマルのほうが高くなるケースもあります。

その場合はいくつかの買取業者に査定してもらうと業者によってはマイナス査定、プラス査定をする業者もありますから、一つの業者にお願いせずにいくつかの業者に確認すようにしてください。

また買取業者へノーマルパーツもあるから必要かどうかを確認し、必要とのことであれば出張査定を依頼しましょう。

わざわざ買取業者までノーマルパーツを持っていくのはしんどいですよね。石川県の買取業者のほとんどは無料で出張買取査定をしてくれます。

あなたの自宅まで来てくれて査定してくれますから、その際にノーマルパーツも見てもらうようにします。そうすれば楽ちんですからね。

装備品の有り無しでは車体自体の価値は変わりませんが、買取業者によっては最終買取価格はプラスしてくれる業者もあります。
(逆にマフラー等外装の改造に関してはマイナス査定する業者もあります)

これは業者の性格によって変わってきますので、一つの業者だけに絞らず、いくつかの業者に査定士もらうことで高価買取が実現できます。

ネットの一括査定サービスを利用すれば簡単に複数の買取業者とコンタクトできますから、利用してみてくださいね。

こちらのコラムも人気です!