中古自動車査定士を知って高価買取を狙おう

中古自動車査定士は中古車買取時に買取価格を査定するための民間資格です。一般財団法人日本自動車査定協会が実施している資格ですね。

ちなみに国家資格ではないのでクルマを査定するのは誰でもできるのですが、中古車取扱業界が独自で規定を定めていて、それにクリアすると査定士として認定されて、業界で査定士として車の買い取り価格の算出を行うことができます。

私たちが車を売りたい時に車の買取業者へ買取依頼をすると、いくらになるのか査定士てもらうことになりますが、この中古自動車査定士がいる業社であればある程度安心して査定を受けることができるということですね。

つまり、変な査定価格を付けられることがなく、ちゃんと業界の基準に沿った価格算出が行われるということです。

車の状態を正しく確認して査定することは買う方、売る方ともに必要でこれが適正に行われないとのちのちトラブルになったりします。

ですから売る側の私達も後から文句を言われないように査定時に適正にしてもらうことがすごく大切になるんです。

修理跡などはすぐに見分けることができるという

この中古自動車査定士は境界の指定で3年に1度は研修を受けなければいけないとされています。

つまりどんどん新しい情報が入ってくればそれらが知識としてプラスしていかなければいけないということ。

クルマって進化が日進月歩じゃないですか。タイヤが4つあって、ハンドルとアクセルとブレーキがあって、とうい基本構造は変わらないけど、先進技術などがどんどん追加されていって、車の査定にも影響が出てきます。

また最近の車は耐衝撃性などでフレームの剛性が進化していったりもしています。

ですから修理跡などをしっかりと判断できるようにこうして資格を持っていても情報をアップデートするためにしっかりと研修制度を行っているんですね。一度資格を取ったからと行って勉強しないじゃだめってことです。

ちなみに、素人目には全然わからないような修理跡などは中古自動車査定士はすぐに見破ってしまうそうです。

たとえば事故車と教えられずに買ったクルマを売ろうと思った時に事故車だったということが判明するというのはたまに聞く話ですね。

中古自動車査定士はすごいんだよ

中古自動車査定士の資格は、
「普通運転免許以上の免許証所有者」、「自動車の販売若しくは整備の経験を1年以上積んでいる事」、「日本自動車査定協会所定の研修を3日間受け、きちんと修了している事」
が受験資格となります。つまり素人がいきなり資格取得をすることができないんですね。まずは中古車業界で働かないとダメとういこと。

そして資格試験には学科試験と実技試験があります。

学科試験は、中古自動車の査定制度や査定基準、加減点基準、自動車の構造や機能、取扱いについて、そして保安基準や法規などに関する知識を問うものとなっています。

実技試験に関しては、実際に中古車の査定を行い、文章と略図を使い車両の部位と状態を示しカーチェックシートを使って査定します。

まあ、素人にはなんだかわからないくらいですから、要はスゴイ!ということ。

そして逆にここまで制度化されていると売る側の私達も不正な査定を受けないとうことになります。不当な査定で減点され、買取価格を安くされたりしないということですね。

なぜそういうことがわかるかというと、一括査定サービスなどを利用して複数の業社に査定士てもらったとき、明らかに1社だけ低い価格の査定があれば「ん?なんかおかしいんじゃない?」って思っちゃいますよね。

なので、適正な査定を行われるということは買う側、売る側、双方にとって良いこととうことです。

実際の買取価格の算出は査定士が行うわけではなく、買取業者の決済を担当する人が行います。それが査定士の場合もありますが。

査定士は営業マンでもある

実際に私達売る側と価格交渉を行うのは査定士です。つまり査定士は営業マンなわけです。査定士は私達がその価格なら売ってもいいかなと思う範囲で一番安い価格を提示するのが仕事です。そして「プロ」です。

私たちは普段車の売買なんてしませんから、基本的には価格交渉は査定士のペースで進んでしまいます。

話の中で業界の常識を語られてしまえばそれについて反論することもできません。だって業界のこと知りませんからね。

そこでわたしたちにも価格交渉をするための武器が必要です。それが買取相場を知ることです。

この相場は世間一般的な相場というより、あなたのクルマをいくらで買ってもいいよという業社がどれくらいいるかを調べる、あなたの場合の相場を調べるということです。

そうすることで高く買い取ってくれる業社を選定し易いですし、ある程度であれば買取価格を業者間で競争させることもできます。

そのためにはカービューなどの無料の一括査定サービスを利用するのが一番簡単で手間がありません。

あなたのクルマの車種と年式、そして走行距離から複数の買取業者から買取可能な価格を連絡してもらえます。

そしてその中で高額の価格を提示してくれた2社か3社に実際のクルマを査定士に査定士てもらいます。

そうすると最初から高値をつけてくれることもわかっているし、2社程度であれば手間も労力もかかりませんから実際の交渉などの負担も軽くて済みます。

1万円でも高く売れるようにいろいろ工夫してみてくださいね。

こちらのコラムも人気です!