ローン支払い中の車って売却できるの?

車を買う時ってローンを組む人は結構多いと思います。高額ですから高額な下取り車でも無ければなかなか一括でお金払うなってできない場合も多くあると思います。

たいていはローン完済まで乗るつもりで車を買うことが多いのですが、諸事情によりローン返済中でも乗り換えが必要になったり、場合よっては手放さなければいけない時もあります。

車のローンってディーラーのオートローンだけじゃなく、結構地元の地銀や信用金庫のマイカーローンを利用している人も多いです。そちらのほうが金利安かったりしますからね。

とある人の事例では石川県のある信用金庫のマイカーローンで車を購入したんだけど、家族が増えることになって今の車ではちょっと不便だから乗り換えが必要になったとのこと。

5年ローンにしていたが残りまだ2年は残っている状態。この状態で中古車買取業者に車を売ることができるのでしょうか?

できれば売ったお金でローンの一括返済をして残ったお金で次の車の購入資金にしたいのですが・・・。

まず結論としては「可能」です。同じような事例は本当に頻繁にありますから、基本的には何の問題もないですし、手続きも借り入れ元の信用金庫に聞けばOKです。

売ったお金でローンを完済できるのであればまず問題ないです。ただ売ったお金を他に使ってローンを引き続き払うのは基本NGですが、こちらは信用金庫に確認する必要があります。

というのも住宅ローンやマイカーローンは高額商品(家や車)を購入するための特別なローンで金利が安く設定されています。

その為、住宅ローンの場合は借入金は不動産取得以外に使用してはいけません。マイカーローンも同じで車の購入以外に使用していけない契約となっています。

ですからローンが残っている車を売って、そのお金を別のことに使ってマイカーローンの低い金利のままローンを払い続けるのは契約違反となってしまうんですね。

ですので原則一括返済が必要となります。

マイカーローンを利用した方法で車を購入した場合、その車の所有者はたいてい自分自身になっていると思います。なので、売却自体は問題なく行うことができます。

ディーラー系のローンで車を購入した場合はディーラーが車の所有者となっていることがあります。

ただその場合でも次の車を買う所にお願いするとめんどくさい諸手続きを代行してやってくれますからおまかせしても大丈夫です。

何故かと言うとその手続をやらないと車が売れないからですね。

「なんか手続き自分でするのめんどくさいから買うのやめよ」

ってなったら販売店側からすると機会損失ですからね。

ちなみにネットで無料で利用できる一括査定サービスで査定を依頼する際に車の情報を入力しますが、ローンが残っている場合はその情報もいれると正確な買取価格相場をもらうことができます。

こちらのコラムも人気です!