トヨタのプリウスはどこでも人気なので高価買取

プリウスは誰でも知っているハイブリッド車の代名詞となっているトヨタの車ですね。プリウスにはプリウスαやプリウスPHVなどの派生モデルもありますが、ここではプリウスについて書きますね。

プリウスは現行モデルの4代目が2015年にデビューしました。デビュー当初は結構チャレンジングなデザインだなあって思いましたが今ではもう慣れましたね。逆に3代目のほうがおとなしいデザインに感じてしまいます。

この4代目も初期ロットモデルは2018年には1回目の車検を迎えますから、中古車市場に数多く出てくることが予想されます。

でもプリウスは3代目が爆発的にヒットして、おそらく2010年代のベストセラーの車になってるんじゃないでしょうか。

この3代目の販売期間は2009年5月から2016年12月まで。4代目とかぶっているところがヒットした車種だったんだなとわかります。

2010年には年間販売台数31万台以上とまあ、恐ろしいくらいの販売台数を打ち出しています。そのころは走っている車を見てもいたるところにこの3代目プリウスが走ってましたよね。

それだけに中古車市場へのプリウスの流れもそれはもうたくさん流れていますから、中古車の販売価格も買取価格もすごく幅広くなっています。販売台数が多すぎて、同じ年式で同じモデルでも車の状態や走行距離がさまざまで一概に相場というものが決められないという状態になっているからですね。

ただハイブリッド車に乗ってみたいというユーザにとっては3代目プリウスの中からでも幅広い選択肢から予算に応じて選べるようになっていているのも特徴です。

石川県でプリウスは買取価格が下がってる?

そんなプリウスですがさすがに2代目は古いのでなかなか価値が付きませんが、3代目でも年式が新しく状態がいいものであれば高値が期待できます。

プリウスのような車はビンテージ的なものがあまりなく新しければ新しいほど価値が付く車です。ですから単純に考えても3代目よりは4代目の現行車のほうが人気があるのも当然です。

ですが、デザイン的に4代目のデザインはちょっと・・・・という人もいます。意外と年配の方は現行の4代目のデザインは受け入れづらい傾向にあるようです。

3代目のデザインは販売台数が多く街に溢れていて慣れているという面もあるからから比較的受け入れやすいデザインなので、状態が良ければ4代目よりも3代目という人もいるはいます。

ただ、3代目は安全装備が標準ではありませんからそこがポイントになるかもしれませんね。

ともかく現行の4代目がそろそろ1回目の車検をむかえるにあたり、これから中古車市場に多くの在庫が流れれば必然的に買取価格は落ちてきます。

4代目が多く流れてくれば当然前モデルの3代目も価格が下がりますから、高価買取が実現できる今がプリウスを売るベストタイミングとも言えます。

もしプリウスから車を乗り換える検討をしているならとりあえず現在の買取価格をチェックしておいたほうがいいでしょう。

今後はその値段から下がっていくだけなので、今乗っているプリウスを次の車の購入資金とするなら、現在の価値を知っておく必要がありますからね。

石川で高価買取の中古車業者をどうやって見つけるか

実際プリウスは販売業者側での価格設定がまちまちなので石川県の中でもどこへ売ったら高価買取が実現できるのかは正直分からないというのが実情です。

場合によっては時期によっても変動する可能性もあります。

ですから比較的高価買取が実現しやすい今の時期(4代目プリウスが中古車市場に溢れてしまう前)に売ることも検討するのも良い案です。

トヨタは自社系列の中古車販売店を持っており、中古車販売にも力を入れています。3代目プリウスがずら~っと並んでいる光景を見たことがあると思います。

乗り換えの場合結構下取りが多く、トヨタ車の場合はディーラーから海外へ中古車販売するルートもありますから意外と高値がつくケースもあります。

ですからまず乗り換えが決まっている場合は下取りの価格を出してもらうようにしましょう。下取りに出せば次に乗り換える車の取得手続きも楽ちんだし、支払う金額も購入価格と下取り価格の差額で済みます。また次の車の納車ギリギリまで今のプリウスを乗っていられるので便利ですよね。(新しい車と交換するイメージ)

下取り価格はあくまでディーラーや販売店が利益を出せるギリギリの価格になっています。特にディーラーは下取り車で利益を出すのが目的ではないので、下取りだろうが別の所の中古車買取店で手放そうがどちらでもいいわけです。

ですから下取り価格をまず算出してもらって、その後カーセンサーなどの一括査定サービスを利用して買取価格を出してもらいます。

一括査定サービスは無料ですし簡単に買取相場を調べることができるので楽ちんです。プリウスの場合は算出される買取相場の幅がすごく広く取られる場合もあるので、もし下取りよりも低い業者しか無さそうであれば迷わず下取すればOK。

出された相場が下取価格を下回るのであればいちいち査定を受ける必要はありませんよね。受けた所で下取り価格よりも上に行くことが無いので。

下取り価格よりも大きい買取価格を付けてくれる業者がいれば、実際のプリウスを見てもらって買取価格を決定してもらいましょう。

いろんな手間も考えてどちらにするかを考えてみてくださいね。

こちらのコラムも人気です!