トヨタ・ノアは石川県で高価買取されています

トヨタのノアは人気のミニバンとして売れていますね。ちなみにこのノアは3兄弟の車で、ノアはカローラ店、ヴォクシーはネッツ店、そして一番新しいエスクァイアはトヨペット店で販売されていて、デザインは違うものの中身は一緒の車となっています。

つまりトヨタの全店舗で同じ車が買えるということですね。

今石川県ではノアは結構高値買取がされています。というのも中古車市場で人気があるからですね。

人気がある車って中古車となってもすぐに売れますから、中古車販売店としてはちょっとくらい高く仕入れてもぜひ店頭に並べたいって思うものです。

どんな商売でも同じですが、安く仕入れる事ができても店頭にずーっと並んでる商品と、仕入れ値が高くても店頭に置いたらすぐに売れる商品であればどちらを扱いたいと思いますか?もちろんすぐ売れる商品ですよね。高く仕入れても売れれば利益が出るわけですからね。

ノアやヴォクシー、エスクァイアはそういう図式がちゃんとできているから高価買取が実現できているわけです。

ノアのデビューは2001年で現行モデルは2014年デビューの3代目です。2017年にはマイナーチェンジしています。新垣結衣の「どこに行ってたんですか?」っていうCMが結構流れていましたね。

最近までは2代目のノアもそこそこ高値で買い取りできていたんですが、最近ではそれも下がり気味になっています。

もし売る計画をしている場合は早めの行動が必要かもしれません。

石川ではノアの買取相場が下がってるかも

ノアは2017年にマイナーチェンジをしたため、3代目の前期モデルも旧モデルとなってしまいました。そのため2代目の後期モデルもより古いモデルとなってしまいました。

中古車は新しいモデルが出ると前のモデルはどうしても価値が下がってしまいます。それは中古市場に前のモデルの数が増えるからなんですね。

例えば2代目に乗っていたユーザが3代目がデビューした時はまだ新車を買ったばかりだからと乗り換えなかったけど、マイナーチェンジを機会に乗り換えようかなと考えます。車検のタイミングなんてまさに乗り換え検討の絶好の機会ですよね。

2代目も5年乗ったし乗り換えよう、となるとこの2代目が中古車として売られて市場に出ていくわけですから、数が増えてきます。数が増えると販売価格は落ちてきますから必然的に買取価格も落ちてくる、とう図式です。

現行ノアのデビューは2014年ですからこの前期型のモデルでもそろそろ2回めの車検を迎えようという車も出てきます。

2代目のあのモデル末期の車でも2回めの車検を迎える車も多いですよね。車検は乗り換えタイミングになりますから、これから2代目の末期モデルと3代目の前期モデルが中古車市場に多く流れることが予想され、つまりはノアの買取価格が下がっていくことが予想されます。

でもまだ間に合いますよ。今から動けばまだまだ高価買取が実現できます。ではどうやって高価買取を実現するのでしょうか。

下取りと買い取りをしっかりと比較する

トヨタの人気車種は意外と下取り価格も高値がつくことが多いです。ミニバンは海外でも販売されており人気ですから販路を持っているディーラーであればオークションには流さずにしっかりと売り切ることができるため高値で下取ることもできるわけです。

下取りは次に買う車が決まっていればその店舗で今のているノアを買い取ってもらう方法です。

手続きも一つの店舗で済んでラクですし、新しい車の購入金額も下取り価格との差額のみ用意すればいいだけなのでラクです。これがメリットですね。

ただ買取専門業者よりも買取額が低くなる傾向にあります。

ですからとりあえず次に乗る車が決まっていれば下取りの場合はいくらで引き取ってもらえるかをすぐに見積もってもらいましょう。

もしいま乗っているノアと同じカローラ店で次に乗る車を買うのであれば高値で下取りしてもらえる可能性も高いです。

またディーラー側は下取り車があろうがなかろうがどちらでも関係ないので、正確な下取り価格をすぐに出してくれます。

下取り価格が出たらそれを携えて買取専門業者がいくらで買ってくれるかを調べます。近所の買取店にアポなしで突撃するのもいいですが、石川県には買取専門業者がたくさんあるのでどこが高く買い取ってくれるのかを探すのは結構めんどうです。

そこでカーセンサーのようなネットで利用できる一括査定サービスを利用します。無料で利用できるのでいいですよ。

こちらに今乗っているノアの年式、グレード、走行距離を入力して「メールで連絡して欲しい」と記載して送信します。

カーセンサーは石川県の買取業者を自動でピックアップして連絡してくれ、連絡を受けた各業者はあなたにメールでノアの買取相場を連絡してくれます。

この時点で下取り価格のほうが高ければ即下取り決定です!連絡をくれた買取相場から基本的には上がることはありません。

下取り価格が低ければ買い取りしてもらうのも視野に入れて、実際にいくらで買い取ってもらえるかを見積もってもらいます。

実際にノアを見てもらって査定してもらいます。これも全部の業者に確認すると結構手間もかかるしめんどうなので、相場連絡してくれた業者の中から高値をつけてくれているところを2店ほど選んで査定依頼をします。

そうすると最初から買取業者の中では高く買い取ってくれることはわかっているし、2社くらいであればそんなに手間も時間もかかりません。

そこで実際に出た買取価格と下取り価格を比較してどちらが良いかを選びます。

えっ?ちょっとでも買取価格が高ければ下取りするわけないって?いえいえ、下取りにはメリットが有るんです。

手続きがラクなのは先のも書きましたが、下取りの場合は新しい車の納車まで今のノアに乗り続けることができます。もちろん下取り価格は最初に見積もってもらった価格から変わることはありません。

買い取りの場合はだいたい1週間以内には引き渡す必要があります。納車には通常2週間から3週間はかかりますから車がない期間が半月ほどできてしまいます。

また今のノアについているパーツ(ナビやドラレコ、アルミホイルなど)を新しい車に移植する場合も下取りであれば同じ店舗なのでそのまま使いたい場合は工賃無料で移植してもらえます。

そうした部分も考慮すると買取が2万円3万円高い体であれば下取りでもいいかな、という選択もありますよね。

一括査定サービスを上手に利用して高値買取をぜひ実現してくださいね。

こちらのコラムも人気です!