車の買取査定を受ける前に掃除をしよう

車を売る前にはボディや社内、ホイールなど目立つ汚れは掃除をしましょう。キレイな方が高い香取価格がつくから。というのはよく聞く話ですが、これって単なる気分の問題でしょ?って思っちゃいます。

でもどうやら単に気分の問題というワケじゃないみたいなんです。

まず大前提としては査定を受ける予定の車のボディが汚れていたり、社内の掃除が行き届いていないからと行って車の価値が落ちるわけじゃありません。

もちろん洗ったり掃除をしたりすると汚れが落ちる事が前提ですが、落ちる汚れであれば車の価値は変わりません。
(落ちない汚れの場合は修理が必要なキズと同じような査定を受ける場合もあります)

ポイントは掃除にどれだけ手間がかかるか、ですね。車買取業者は買い取った車を販売する際、ボディも内装も簡易清掃します。

あなたも当然でしょうが、買う方としては見た目が汚い車ってちょっと敬遠してしましますよね。またすっごく汚くて安い車だと、今は壊れて無くてもすぐ故障してしまうんじゃないかって気になりますから、これもまた敬遠してしまいます。

ですから車を販売する業社は絶対清掃します。とはいえ、ガッツリキレイにボディの洗浄や社内の清掃をすると「コスト」つまりお金がかかります。

ですから簡易清掃なんですね。ボディもさっと洗って、車内も掃除機でちゃちゃっと掃除して、くらいです。

ですから、それくらいの清掃では落ち無さそうな汚れがある場合はそのままにして販売価格をちょっと下げるか、お金をかけて掃除をしてキレイにして販売価格を予定通りにするか、の選択になります。

たいていは全社となるので、車の価値自体は変わらないけど、販売予定価格を少し下げようかな、という考えとなった場合、当然「買取価格が下がる」ということになります。

中古車買取は当然販売するときのこと、販売価格まで考えて買取価格を決めますから、キレイな方が販売するまでにコストがかからないので高く買取ができる、ということになります。

査定士の心情的にもキレイな方がいい

よく見る「買取価格を上げるコツ」みたいなヤツの項目には、「車をしっかり洗ってピカピカにしよう」というのがあって、その理由は査定士への見た目やアピール、などが挙げられています。これも実際はウソ・・・ではありません。

車の買取査定で一番大きな交渉は「査定価格」から実際の「買取価格」の算出です。

査定価格と買取価格は同じじゃないんですね。実際に査定価格は見せるための価格で、最低この値段で買い取りますよという、最低買取価格とも言えます。

実査の買取価格はそこから交渉となります。たとえば査定価格が60万円だったとして、「今この場で(売るのを)決めてくれてたら5万円アップしますよ」という具合ですね。

この場合、査定価格は60万円ですが買取価格は「65万円」となるわけです。

査定士によりますが車が汚いよりもキレイな方がこの買取価格のアップはしやすくなります。実際の決済は査定士はできないのですが、それでも裁量の範囲で査定価格にちょっとでもアップしてくれやすくなります。

実際に価格を決めるのは人間ですから、車種、グレード、走行距離、ボディカラーなどがまったく同じの車が2台あったら、キレイな方を買いたいですよね。だってそのほうが売りやすいですから。

そうするとちょっと買取価格を挙げても買い取ろうということになるわけです。

感謝の気持ちを込めて掃除もいいよね

あとは定番ですが、載っている期間が長い短いは別としても、愛着がある車であれば、次に乗って貰う人が同じように気持ちよく乗ってくれて、大事にしてくれるように掃除をして、今までありがとうの意味を込めて掃除をして、というのもすごく大切なことだと思いますよ。

こちらのコラムも人気です!