強引に売却させる業者に注意

車を売却する際、なにげにネットで見つけた業者が自宅からそこそこ近かったので来店して査定をしてもらうことにしました。

今乗っている車の売却相場を全然知らなかったので50万円くらいで売れるのかな?って思っていたのですが、査定額は25万円でした。

希望価格の半額だったので売るのを辞めたかったのですが、応接室みたいなところでずーっと今売るように業者に説得されつづけました。

しまいには、売らないのに査定に来てけしからん、今あなたのために使っている時間をお金に換算するといくらだから、それだけうちが損失を出していることになる。だからいま売ると決めて欲しい、と言われる始末です。

というとても困った体験談の報告をもらいました。これはたしかにひどいですね。こうした話を聞くと車を売るのってちょっとコワイなって思ってしまう人もいると思います。

車を普通に自家用車として乗っているだけなら、車を売るなんて人生でそう何度も経験しませんよね。複数回あったとしても数年に1度とかそういう頻度なので以前の経験も忘れてしまってほとんど活かされることはありません。

これは極端な例ですが、それでもたまに聞く事例です。

私たちは車を売る時は弱者になります。経験も専門知識もないので、自分が乗っている車がいくらくらいで売れるのかという相場も知っているはずがないですから、思っていた価格と違ってだいぶ低かった、だから売るのを辞めて乗り続けよう、という選択肢も当然あるわけですよね。

なので半分監禁するような形で車の売却を迫るというのはもってのほかです。とはいえ、こうした事態が起きないように事前に情報をしっかりと収集しておくのも私たちには必要なのかもしれません。

ではどうするか。

まずは今乗っている車がいくらで売れるかの相場をしてておくことが大切です。車の売却価格は日々変動するため、同じタイミングでいくつかの買取業者へ査定を依頼することになりますが、最初はいきなり査定を申込むよりもネットで聞いたほうが早いし楽だし、安心です。

一番簡単な方法はネットの一括査定サービスを利用することですね。無料で利用できますし、複数の業者から買取相場の幅をメールで連絡してもらうことができます。たとえば50万円から60万円という具合にですね。

で、その相場を出してくれた業者の中から高値の上位2社程度に実際の車を見てもらって査定をしてもらいます。

よどほど大きな傷などなければ最初に提示された金額の幅の中で査定額が出てきます。これであれば、査定を依頼する時に私たちはすでにどれくらいの値段がつけられるのか想像できますから思っていたのと違ったというふうになりませんよね。

また実際の査定時も買取業者側へ「2つのところに査定をお願いしているので高い方に売ります」と事前に伝えれば、業者側も自分のところには売らない可能性があるということも認識できますから、お互いに認識の違いが生まれないためトラブルにもなりづらいということがわかります。

それから、このサイトで紹介しているカーセンサーなどを利用すれば参加している買取業者は優良業者ばかりなので、ほとんどトラブルも起きません。

石川県で車の売却を検討するなら、まずはカーセンサーのようなネットの一括査定サービスを利用するようにしましょう。

こちらのコラムも人気です!