車の買取査定ってどんなことをするのか

実際に車を査定に出すと、「あれ!?なんか思ったよりも高かったぞ」「もう、なんか、かなり安いんだけど」って思ったような価格じゃないことが結構ありますよね。

車の買取査定をする時の願いは一つ「高く買ってーーーっ!!」ですよね。車の買い取り価格の殆どはその車種、グレード、年式、走行距離でほとんど決まります。プラス加点で査定額アップするためには、実際に査定でどんなことが行われているのかを知っておくといいですよ。

中古車の買取査定は中古自動車査定士が行います。石川県ではほとんどの買取業者の査定士は日本自動車査定協会が実施する資格試験に合格して査定士としての認定を受けています。

この日本自動車査定協会の査定はチェックシートがあって、そのチェックシートに従って査定が行われます。

外観の状態をチェックし、車内の状態をチェックして、エンジンをかけたりなどします。ライトがつくかなどもチェックしますが、実際は細かい機能のチェックは行いません。

機能は車種ごとに違うのでチェック項目化することができないんですね。なので、細かい機能のチェックは行わないんですね。

また、オイル系などの状態もチェックしません。理由はわかりませんが、チェック項目に入ってないみたいです。

つまり・・・ディーラー系の認定中古車の場合は基本的にオイル系はすべて取り替えられて販売されますが、中古車買取店で並んでいる中古車は買い取ったままの状態であることがほとんど、と言えます。

最後は車検証やリサイクル件、自賠責保険などの書類系ですね。車検証は無いと車を走行することはできませんから基本的に無いということが無いと思います。

その他の必要書類も実際の車の査定を受ける前に用意するよう言われますので用意しておきましょう。

これが基本的な査定のチェック項目になります。実際にチェックされる状況としては目立つ傷があるかどうか、破損しているかどうか、修理歴があるかどうか、ですね。

そして盗難車や違法な解像がされているかどうかなど、法律に抵触するような車両かどうかもチェックされます。

基本は法律に抵触するような車体であれば買取拒否されますし、うまくすり抜けてもその後チェックして判明すれば契約を破棄できるような条項が売買契約には明記されています。

あなた自身が中古車を集歴無しで購入して、あたなも修理をせず車を売却する際の査定で事故車だったことが判明するケースもあります。つまり、修理歴なしで購入した車が実は事故車で修理歴ありだったとうことですね。

具体的な査定のチェック箇所

中古車査定を実際の車を見て査定する場合、まずは前部、下回り、また、フロントガラスを確認します。

次に、側面の外板、ビラー、下回り、後部の外板、それから、トランクルームのなか、下回り、ルーフパネルや、それぞれのガラスをチェックします。

外装、内装の標準状態というものは、基本的にキズがない状態と設定されています。ですから、凹み、大きなキズはマイナス査定となって、査定額が下がってしまいます。

ですが、通常使用で自然と付いてしまう、ドア周囲のキズや、鍵穴の小さい傷などは、マイナスにならないことがほとんどです。ですから、日常的に車を使っていてどうしても付いてしまうキズなどは気にしなくても大丈夫です。

ちなみに、凹みやちょっと大きめの引っかき傷などはマイナス査定となってしまいますが、修理に出さずにそのまま査定を受けたほうがいいです。

というのも実際に修理してから買取査定に出すとマナナス査定は受けないかもしれませんが、マイナスされる以上の板金費用がかかるのが一般的です。

例えばマイナス査定で5万円評価損するとしたら、修理費用に8万円、9万円かかるというイメージですね。

修理費用のほうがマイナス額よりも大きければまったく意味が無いので、基本的にはキズなどは修理に出さずにそのまま査定を受けましょう。

あとは車検時期も結構ポイントです。車を買う時って車検が残りどれくらい買って気になりますよね。

ということは買い取りの場合もその車を販売するときのことを考えて、車検残り状況に応じて査定額が下がったりします。

一般的には残り3ヶ月以上あれば査定に影響を受けません。下取りの場合はあまり重要視されませんが、買取専門店での買い取りの場合は車検の残り期間がポイントにもなりますので、頭に入れておいてくださいね。

あと気になる装備ですが、これはケースバイケースですね。買取業者の性格によるところも多いです。実際には基本査定の項目外なので、改造車が好きなお客さんが多い店舗であればマフラーやホイールがノーマルから交換されていたり、エアロパーツが付いていたりなどするとプラス査定してくれるところもあります。

またナビが純正ではなく社外品で高機能なものであればそれもプラスされたりします。レーダーやドラレコはあってもなくてもあまり査定には影響がないですね。

もし費用をかけずに次の車にパーツを移植できるのであればちょっとくらい査定額が下がってもトータル的にはコストメリットがあることが多いです。

装備に撚るプラス査定って基本的には大きなメリットが無いですから、はずせるものは外してしまってもいいと思います。

こちらのコラムも人気です!