石川県では軽四の人気が上昇中

ここ数年は車のダウンサイジング化が進んでいます。メーカーが出す車というよりも、消費者が購入する車が、ということですね。

一時期はワンボックスやバンタイプの車が流行りましたが、最近では省スペース、高コスパの車がすごく人気になっています。

そこで注目されるのが軽自動車のですね。軽自動車は今やボディサイズは普通自動車の小型車とほとんど変わりありません。

それどころか、普通自動車の小型車には搭載されないような新機能デバイスなどは軽自動車の上位機種に搭載されたりなど、機能的に軽自動車方が良いじゃん、なんて事も起こっています。

軽自動車って意外と高いなあって思ったことありませんか?それは人気がある高機能車が市場で取引されているのを見たからですね。人気の車種・グレードはコンパクトカーよりも高い価格で取引されることもすごく多いのが軽自動車の買取です。

高値で販売されているということは高価買取が実現しやすいともいえますから、もしいま軽自動車で人気車種からの乗り換えを検討しているなら、しっかりとチェックしておきましょう。

軽自動車を売るときに一番見られるポイント

車の買取価格に影響がある項目として総走行距離があります。バイク屋軽自動車などの1リッターを下回るような小排気量のエンジンの場合、高回転型のエンジンの特性上、総走行距離に対する寿命も普通自動車エンジンよりも短いとされています。

そのため距離が進んでいると買取価格も低くなりがちとも言えます。だいたいの目安では2万5千キロ、5万キロ、となっています。

まず2万5千キロまでが査定額でもマイナスがなく車の状態も良ければ相場で一番高い価格で買い取りされます。

ところが5万キロを超えてしまうと最高買取額の半額が相場となってしまいます。それくらい総走行距離って買取価格に影響があるんですね。特に軽四の場合はですね。

買取専門店の場合は軽自動車の売買が得意か普通かの差があります。軽自動車専門の販売店ってありますよね。

そういうお店は軽自動車を買いたいお客さんを知っているので、どんな車をいくらで買えば高く販売できるかという情報を持っています。

普通の販売店の場合は普通車と同様に扱うので、基本的にはオークション等のデータベースが買取価格の指標となります。

つまり実際の買取価格がいくらになるのか、それが高いのか安いのかは、いくつかの買取査定を受けて買取価格を出してもらうとスッキリします。

しかも最近は軽自動車が本当に自動車市場でたくさん流通していますから、買取価格も高くつく可能性もあります。

軽自動車って販売できる年齢層が本当に広いんですね。初心者も乗ってるし、高齢者も乗っているじゃないですか。安全装備が年々進化してきて、さらにそれら安全装備がオプションではなく標準装備となってきている代わりに、車両価格も上がってきている状況です。

元々の販売価格が高ければ当然売却する時の価格も高くなりますから買取店の違いで買取価格も大きく違うことが起こりえます。

中古車買取一括査定サービスなどを利用すると、広い石川県でも軽自動車の買取に強い業者がすぐわかります。

ネットのサービスは無料で利用できるものが多いですから上手に利用しましょう。

こちらのコラムも人気です!